初心者トレーダーの株式投資「三菱UFJ信託、仮想通貨を保全へ」

まいど!初心者トレーダーのマキナリです(`・ω・´)

仮想通貨の取引所が破たんした場合に、利用者の通貨を保全する仕組みを信託銀行が始めると報じられました。年金や不動産と同じように委託者の財産と別勘定で仮想通貨を預かるようであり、まず三菱UFJ信託銀行が2018年4月にビットコイン向けに始める計画とのことです。

仮想通貨の安全性確保の観点から、仮想通貨の需要増加につながる可能性が出てきそうですね。

最近はホンマ仮想通貨の話題が多いなぁ。年末年始のどこかでガッツリ勉強しておかないと取り残されそう。勉強したものはアウトプットしないと覚えられませんので、年末年始は「株」と「仮想通貨」の勉強をしてアウトプットしていきたいと思います!

年末年始は家事・育児に加えて、大掃除や実家に行かないといけないので、タイムマネジメントをしっかりしないとダラダラした休暇になりそう(笑)


「仮想通貨」に関係する銘柄は以下の通りです。

【4284】ソルクシーズ:東証1部 仮想通貨取引所運営システム構築支援
【2345】アイスタディ:東証2部 仮想通貨専門の投資ファンドに出資
【7599】IDOM:東証1部 輸入中古車販売店でビットコインでの支払いを受け付け
【3807】フィスコ:JQグロース フィスコ仮想通貨取引所
【2315】カイカ:JQスタンダード ブロックチェーン技術開発

スポンサーリンク

本日の指数

日経平均(円) 22,892.69 -46.49
NYダウ(ドル) 24,754.06 -28.23
ドル(円)     113.29 +0.05
ユーロ(円)    134.23 -0.25


本日の株式市場

26日の東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落しました。前日の欧米市場がクリスマスのため休場。外部環境に手掛かり材料が乏しい中、指数は狭いレンジ内でもみ合いを続けましたが、次第に利益確定売りに押されて軟化しました。

市場参加者も限られており、売買代金は連日で2兆円を下回るなど、閑散相場が継続しています。積極的な売買は手控えられて、東証1部の出来高は今年2番目の少なさとなりました。

TOPIXは5日ぶりに反落。業種別ではサービスが上昇率トップ。小売りがこれに続くなど、内需系セクターの一角がしっかり。ただ東証33業種中、値上がりしたのは6業種のみで、下落率上位にはその他製品やパルプ・紙、電気機器などが入りました。

市場では、個人投資家に選好されそうな銘柄が売買代金の上位に入りましたが、個人投資家を除いて休暇ムードが広がっています。日銀のETF買いがなさそうだとの見方を背景に素直に下げた感じです。

個別銘柄では【8233】高島屋が年初来高値を更新しました。富裕層の消費や訪日外国人によるインバウンド消費が堅調なほか、中国層の消費にも回復の兆しが出ています。足元の業績を評価した買いが入ったかたちです。

半面、【8227】しまむらが大幅続落。天候不順などを背景に、秋冬物の販売が低迷。さえない業況を嫌気した売りが出ました。

今年も残すところ3営業日!市場はやはり休暇モードとなっていますね。今年は今保有している銘柄以外の売買は控えておきます。来年また勝負や!!

スポンサーリンク

銘柄検索(スクリーニング)

スクリーニング条件:東証1部上場、小型株、出来高増加率3倍~10倍
今日は良い銘柄が見つからず・・・。休暇モードなので出来高も上がってこないですね。


取引内容・保有株

【3865】北越紀州製紙 1,000株保有 株価:669円(前日-11、約定株価比:+12

購入5日目にしてとうとう反落しました。チャート的には少し勢いがなくなってきている印象を受けます。まぁ少し様子見て、明日もかなり下がるようでしたら売却も視野に入れていきます。

利益確定ライン:700円が1つの目安になります。直近は750円よりちょっと下あたりで推移していたので、そのあたりまで上昇してくれるのがベストです。

損切ライン:ボリンジャーバンドの+σである657円で逆指値注文をしたいと思います。


資産状況

評価額合計:346,357円(-60,865円
開始時金額:407,222円


スポンサーリンク

シェアする

フォローする